院長紹介 背景1
院長紹介 背景2

院長紹介

院 長

小園 亮次

小園内科・循環器科院長 小園亮次

日本循環器学会 循環器専門医
日本高血圧学会 高血圧専門医
日本内科学会 総合内科専門医

装飾

院長経歴

院長 小園亮次

昭和61年 広島大学医学部卒業
平成18年迄広島大学助教授

日本循環器学会 循環器専門医
日本高血圧学会 高血圧専門医
日本内科学会 総合内科専門医

装飾

院長執筆の著書および総説

著書

  1. 日本高血圧学会 高血圧診療ガイド2020 作成委員会 編(共著)
    高血圧診療ガイド2020 第10章 専門医に紹介するポイント p84-95

    文光堂 2020 4月発行 ISBN 978-4-8306-2060-7

  2. 小園亮次 ファーマナビゲーター 利尿薬編 編集 伊藤貞嘉 p184-185

  3. 小園亮次 よくわかる病態生理シリーズ 第2巻
    循環器疾患(編集 岡田隆夫)9章 高血圧(200-216頁)
    日本医事新報社 2006年10月19日発行

  4. 小園亮次 健康管理と臨床検査―早期診断を目指してー
    (監修 神辺眞之, 渡辺清明)
    第2章 高血圧 2.高血圧早期診断―血圧評価法の実際とピットフォール
    宇宙堂八木書店 東京 2005 42-46(頁)

  5. 小園亮次 実践 臨床検査(監修 猪川嗣朗,神辺眞之 編集 下村登規夫)
    尿検査 p43-51 じほう 2001

高血圧診療ガイド2020

【共同執筆本】

総説

  1. 小園亮次:高血圧診療の実際―心血管合併症を減らすためにー 広島医学 vol.70:172 2017
           

  2. 下澤達雄,大久保孝義,小園亮次:心血管イベントをへらすためにどのような継続的努力が必要か? Medicina vol.53:1696, 2016

  3. 小園亮次:メタボリック症候群と高血圧 Medicina 47巻 1166-1169,2010

  4. 小園亮次:ドーパミン。 日本臨床 68巻 2010
    増刊号7 広範囲 血液・尿科学検査 免疫学的検査(4)416-418

  5. 血管内皮機能検査による動脈硬化性疾患の早期診断 医科器械額 第76巻 12号 873-882, 2006

  6. 小園亮次,Andrei Brydun,渡雄一郎,山本佳征,大島哲也:ヘムオキシゲネース(HO)に着目した酸化ストレスの臨床診断と動脈硬化性疾患.臨床病理 55(8) : 758-763,2007

  7. Ozono R. New biotechnological methods to reduce oxidative stress in the cardiovascular system: focusing on the Bach1/heme oxygenase-1 pathway. Curr.Pharm.Biotechnol. 2006;7(2):87-93

  8. 小園亮次,大島哲也:特集 早期診断と臨床検査_早期診断に有用な検査とその利用法_循環器疾患,日本内科学会雑誌 第94巻 2502-2507,2005

  9. 小園亮次:広範囲血液・尿化学検査免疫学的検査「ドーパミン」 日本臨床 第65巻(Suppl 8) 389-390,2005